タッチ式自動ドアを
『IC認証ゲート』へと進化

  • 簡単取付
  • タイムコントロール機能
  • 入室ログ自動保存

IC TIME-Sは
タッチ式自動ドアの常識を覆す
画期的なセキュリティ製品

Features

IC TIME-Sの4つの特長

  • 01

    既存のタッチスイッチ交換だけで
    ICカード認証機能セキュリティドアへ

    既存のタッチスイッチは押すだけで自動ドアが開くという便利な反面、「開閉する時間や解錠権限者を選べない」という欠点がありました。今あるタッチスイッチの子機をIC TIME-Sに交換するだけで自動ドアにICカード認証機能を追加できます。

    • タッチ入場の時間を制限したい
    • ICカードで入場できる時間を設けたい
    • 入室履歴を管理したい

    これまでにないセキュリティ対策が可能になりました。
    タッチスイッチ全てのメーカーに対応可能しています。

  • 02

    「時間」と「曜日」を自由に設定できる
    『タイムコントロール』機能を搭載

    専用PCソフトで機能モード、タイマー設定で曜日、時間を自由に設定できます。
    タッチスイッチ機能も運用の一つとして、セキュリティを強化できます。従来の利便性とセキュリティを両立させることで、新しいセキュリティシーンが実現できます。
    ※特許庁より、「時間を制御できる自動ドア認証機」の発明に対し、特許が承認されました。

  • 03

    microSDの採用で
    スマートなデータ移動が可能に

    専用PCソフトのデータをmicroSDに取り込み、IC TIME-Sへアップロードするだけで設定の登録・変更が簡単にできます。
    またIC TIME-Sの内部データをmicroSDにダウンロードすることで各種情報(解錠履歴、動作回数、IC登録情報)を専用PCソフトで閲覧、管理することができます。

  • 04

    ICカード入室ログを
    30,000件まで自動保存

    登録したICカードで入室する際にIC TIME-Sにログが保存されます。
    内部データを大量に蓄積できるので、ログ管理の負担が軽減しました。
    また専用PCソフトで履歴を閲覧し、CSV形式で出力することができます。

Other

その他の機能

IC TIME-Sは簡単取付可能で
今までにない高機能なセキュリティ製品

  1. 01

    短時間でできる
    簡単設置

    既存のタッチスイッチの子機をIC TIME-Sに交換するだけの簡単設置です。

  2. 02

    大掛かりな
    工事不要

    電池式なので大規模な配線工事や穴あけ等の加工工事は必要ありません。

  3. 03

    ICカード10,000枚
    まで
    登録可能

    付属のカードリーダを使い専用PCソフト上でICカードを登録します。またログ(解錠履歴)からも一括登録が可能です。

  4. 04

    勤怠管理
    活用

    ドアの両側に設置すれば入退室の履歴が保存され、勤怠管理のデータとして活用できます。

  5. 05

    選べる
    機能モード

    IC認証、タッチスイッチ、タイマーモードの3種類から選べるので、ユーザーに最適な運用をしていただけます。

  6. 06

    スマホアプリで
    時間補正

    スマホアプリを使っていつでも簡単に内部時計を補正(更新)できるのでより高精度な『タイムコントロール』機能が実現します。

Case

導入事例

  • 商業施設

  • 福祉施設

  • 医療機関

  • 教育機関

導入前

  • 毎日、店舗の営業が終わると責任者がドアの電源を切っていた。
  • 敷地内は誰でも出入りできる環境で、盗難事件が起きる危険性がある。
  • 施設内で夜間に人の出入りがあると対応できる従業員がいない。
解決

導入後

  • 営業時間外は自動的にタッチ入場不可になり、スタッフはICカードでドアを開けるようにしました。
  • 特定のエリア、建物への入場者を制限し、防犯対策を行いました。
  • 施設の外に出る人、時間帯で制限し、管理できるようになりました。

導入事例を見る

Movie list

動画索引

動画索引を見る